うさぎ

うさぎの診察・手術

うさぎの診察・手術

診察内容

※ご来院時は大切なペットの逃走や事故の防止のために、必ずリードにつなぐかキャリーバッグに入れてお越しください。
バッグが苦手な子やすばしっこい子は洗濯ネットもお勧めします。

診療内容

うさぎの一般診療

ペットが体調を崩したりケガをした時は、あまり長く様子を見ずに早めにご相談ください。
下痢や嘔吐をした場合は便や吐物を、異物を誤食した場合はその食べたものを持ってきて頂くとよりスムーズに診療が行えます。
より高度な診療や検査が必要な場合はエキゾチック動物専門など専門医療が行える病院の紹介もしております。

うさぎドック(詳しい健康診断、予約制)

うさぎドックを行うことで健康な子はその確認を、まだ症状として出ないが病気になり始めの子はその早期発見をすることができます。当日予約もできますが、先にご来院頂ければ採便採尿容器をお渡しします。

  • 基本パック:一般身体検査、口腔検査、一般血液検査、便検査、尿検査。
  • オプション:レントゲン検査、エコー検査など相談内容に応じて。

うさぎのワクチン(多頭飼い割引あり)

うさぎは犬と共通のジステンパーという恐ろしい伝染病に感染することがあります。現在国内ではうさぎ用のワクチンはありませんが、犬用のワクチンを代用し1年に一度接種して感染を予防します。

接種料金:4,400円(診察料別)

うさぎのフィラリアの予防(まとめ買い割引あり)

うさぎは犬と共通のフィラリアに感染することがあります。犬用のフィラリア予防薬を代用しフィラリア症を予防します。

ノミ・マダニなどの予防(まとめ買い割引あり)

現在国内ではうさぎ用の予防薬はありませんが、犬猫用の予防薬の内でうさぎにも安全と言われているお薬を処方しています。

その他の寄生虫の予防

腸内寄生虫を駆虫する内服薬、注射薬を揃えています。

うさぎの去勢・避妊手術

当院では性ホルモンが関わる病気の予防として、また発情期のストレスを軽減するためにフェレットの避妊・去勢手術をお勧めしています。特にメスのうさぎは年齢と共に子宮疾患になりやすいと言われています。当院では術前と術後に痛み止めを用いることで手術の痛みを最大限抑えるようにしております。
エリザベスカラーが苦手な子には術後にカラーをしなくてもいいように特別な縫合を行うこともできます。日帰りも可能ですのでご相談ください。

その他の一般的な軟部外科手術

各種手術に対応しております。より高度な技術が必要な手術の場合はエキゾチック動物専門など専門医療が行える病院の紹介もしております。

歯科処置(伸び過ぎた歯のカットなど)

前歯の伸び過ぎで食事しにくくなったり、奥歯の変形で口内炎になり、その痛みで食欲不振になったりします。麻酔を使わず簡単な処置で食欲が改善されることも多くありますのでご相談ください。

マイクロチップの挿入

ペットと離れ離れになった時や盗まれてしまった時などにマイクロチップが挿入されていればその子の確実な身元確認ができます。うさぎくらいの大きさの子でしたら挿入可能です。注射と同じ要領であっという間に皮下に挿入できます。

 

ページ上部へ